1. 相川みんなの診療所
  2. 診療案内
  3. 大腸内視鏡検査

診療案内

大腸内視鏡検査

大腸がん検診としては、便潜血検査、注腸造影検査、大腸内視鏡検査が可能です。
特に、大腸内視鏡検査で大腸ポリープを認めたときは必要に応じ同時に内視鏡によるポリープ切除を積極的に行います。

胃と大腸の同日検査は、安全面から、当院では行なっておりません。ご了承ください。

大腸内視鏡検査とは?

大腸内視鏡検査とは、大腸内視鏡検査専用の細い管を肛門から入れて、 約1.5メートルある大腸全体を、内視鏡で直接見る検査です。

大腸内視鏡検査を受けていただきたい方

  • 便潜血検査が陽性であった方
  • 40歳以上の方
  • 血縁者(3親等以内)に大腸がん患者がいる方
  • 血便のあった方
  • 貧血の方
  • 腹が張る、腹痛のある方
  • 下痢や便秘のひどい方

検査で発見できる病気は?

大腸内視鏡検査でわかることは、大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎、大腸憩室症などがあるかどうかです。

もし、ごく初期の大腸がんやポリープが見つかった場合は、患者様と相談の上、その場で切除することもできます。診断だけでなく、治療まで1回で終了することができるのです。

便潜血検査でもわからない初期の大腸がんを発見できることも!

大腸内視鏡検査により、便潜血の検査でも見つけられない早期のがんを発見することができます。安心のためにも、大腸がんになりやすい40歳以上の方は、症状がなくても2~3年に1回は大腸内視鏡検査を受けることをおすすめします。

大腸内視鏡検査にかかる料金

健康保険負担割合 1割 2割 3割
異常なし約2,000円約4,000円約5,000円~6,000円
組織検査あり約3500円~6,000円約7,000円~12,000円約10,000円~17,000円
ポリープ切除約8,000円約16,000円約20,000円~26,000円

金額には、投薬料などは含んでおりませんので、おおよその金額になります。
※ポリープ切除は、手術に該当します。ご契約内容によって、民間医療保険の「日帰り手術」の手術給付請求ができることがあります。

相川みんなの診療所の大腸内視鏡検査

検査の特徴

  • ポリープがあった場合、そのまま日帰りで、大腸ポリープの切除ができます。
  • 経験豊富な消化器内視鏡専門医による熟練した技術で検査します。
  • 細くしなやかな内視鏡を使い、「軸保持短縮法」という手法で、出来るだけ苦痛を感じない検査を行います。

大腸内視鏡検査の流れ

  • 1

    ご自宅で腸管洗浄液を内用の上、12時にご来院ください。

  • 2

    ご自宅で腸管洗浄液を飲むことが困難な場合、院内で腸管洗浄液を飲んでいただくことも可能です。この場合は朝9時に来院願います。

  • 3

    12時30分頃検査を始めます。
    検査時間は10分程度です。

  • 4

    場合によっては鎮静剤を使用する場合があります。この場合鎮静剤がさめるまで、処置室でゆっくりとお休みいただきます。

  • 5

    医師より、診察室で画像を見ながら、検査結果のご説明をいたします。

内視鏡では取りきれない大きな腫瘍が見つかったり、入院での治療が必要になったりした場合は、連携病院を、すぐにご紹介させていただきます。